たつブロ

福岡在住のWebデザイナーが福岡の食べ歩きのグルメを主にブログ関係や仕事について、更には気になった事などを雑多に綴るブログです。

フリーのデザイナーになるなら?独学もいいけど1度は就職した方が良い理由

フリーのデザイナーになるなら?独学もいいけど1度は就職した方が良い理由

こんにちは、たつとら(@tatsutora6) です。

 

今回出てくるデザイナーというのはクリエイティブ系のグラフィックデザイナーやWEBデザイナーのことを指していますが、ボクも一応現在WEBデザイナーの職に就いています。


端からみればデザイナーという言葉は聞こえがいいので憧れる人もよくいます。


ただ最近ではパソコンにデザインソフトやネット環境さえあればすぐ仕事ができるので、未経験でフリーランスのデザイナーや副業としてデザインをする人も増えているそうです。


しかしながら、ボクが見る限りやはり未経験の人のデザインは「経験が少ないな…」と見ただけでわかるし、WEBデザインで誤魔化せてもグラフィック(広告・チラシ)の方ではデザインの稚拙さが目立ちます。

(最近はWEBデザインの方が主流なのでグラフィックに力をいれない人が多いですが)


どうしてか?それは簡単で現場慣れしてないから。


なので、とりあえずデザイナーになりたいのであれば学校に通うのもいいですが、1度でも会社に就職することです。

 

こんな人にオススメ!

・デザイナーになりたいと思っている人
・フリーランスになろうかどうか迷っている人

 

 

 

独学でもデザイナーになれるのか?

独学でもデザイナーになれるのか?

先ほども述べましたが、パソコンにデザインソフトやネット環境さえあれば、もちろん独学でもデザイナーになることはできます。


資格なども必要ないので未経験であってもデザイナーを名乗る事はできます。


しかしながら、実績や実力がないと続けていくのが厳しい世界です。


そのため専門学校に通って知識や技術を習得してなる方もいますが、時間や受講料がかかるので覚悟は必要です。


ただ、独学の場合も自分のペースで勉強するので学校に比べて習得に時間はかかります。


本や、今では分からなければネットでも勉強できますが、身に付いているといえば別です。

 

デザイナーが1度は就職した方がいい4つの理由

デザイナーが1度は就職した方がいい4つの理由

細かいデザインの基本は実務でないと分かりにくい

フリーであればデザインができ次第クライアントに提出するので、全て自分の判断で提出することになります。


なので細かいレイアウトやトンマナ、バランス、メリハリなど指摘されることはありません。


しかし、デザイン会社などにいたら新人であれば必ずと言っていいほど上司や先輩から指摘は入ります。

 

これは、会社にいないと気づかない事でボクも入りたての頃は指摘されて気づかされる事が多数ありました。

 

またボクは専門学校行った後にデザイン会社に入りましたが、専門学校で習わないことも実務で教えて頂けるので、実務経験は大事だと思っています。

 

クライアントの要求に応えるデザインができやすい

未経験者の人から見たらデザインって、自分の思い通りに好きなデザインをして提出して仕事になると思われがちですが、グラフィックデザインやWEBデザインみたいな商業デザインは自分が思い描いたデザインをほとんど表現することはできず、クライアントから依頼されたことをいかに思い通りにアウトプットできるかということになります。


ひどい時であればほぼ自分の意見を取り入れられない事も。


ただ経験し続けると経験した分、相手の希望も理解しやすくなります。


未経験でフリーになった場合は、あまりにも自分の思い描いたデザインが取り入れないので悩む場合もよくあるでしょう。

 

未経験よりも仕事をもらいやすい

もちろん同じクライアントから仕事をもらい続けたりすると繋がりが持てるので、まったくの未経験からフリーになるよりも仕事はもらいやすくなります。


ボクもたまに以前いた会社から個人で仕事の依頼を頂いたりしますが、現在フリーではないので時間等の関係で断っています。


こういう感じでクライアントではなくても以前の会社など、思ってもみない所から仕事を頂くという事もあります。


未経験の人は、クラウドワークスやランサーズ、クラウディア等のクラウドソーシングから仕事を探すことがメインになります。

 

フリーで上手くいかなった場合、就職しづらい

フリーで仕事していても上手く仕事がもらえず、諦めて就職しようとする場合もあるかと思います。


そういう時は、どうしても未経験よりも経験者の方が採用されやすくなるし、求人も経験者のみを採用している企業が多くなるので
就職の際は未経験の場合は不利になるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

未経験でもデザイン職に就職できる?

では、未経験なのにデザインを扱う会社に就職できるかというと可能性は少ないですができます。


ボクもデザインの仕事を始めたのが20代後半で、就職するまで専門学校にしか行った事がなく実務も未経験でした。


会社によっては「未経験でもOK」とか「未経験歓迎」など求人に書いている所もあります。


また、学歴もほぼ必要ない会社が多いので面接での誠意次第では受かる可能性もあります。


ただ、最低限の知識や技術は必要になっていきます。


全くPCやソフトを触った事がなければ厳しいでしょうし、センスはなかなか鍛えることはできないので最低限のデザインセンスは必要です。


会社によっては未経験でも作品を求められる場合があるので、独学で作成した作品が数点あることに越した事はありません。


仮に正社員でなくてもバイトとして入社するだけでも、独学で学ぶより知識や技術は習得できるので正社員の採用がなくバイト採用しかなくてもアリだと思います。

 

まとめ

未経験で就職となると低賃金で労働条件も厳しい場合もありますが、余裕がなければ専門学校へ行って受講料を払って学ぶよりは給料を頂いて学べる事の方が得だし、技術や知識の習得の近道でもあります。


ボクも就職の際に利用したのはこちらのサービス

 

ただどうしても独学でフリーのデザイナーになりたいと思った場合は、上にも述べたクラウドソーシングから仕事を頂いて経験をつけるか、クラウドソーシングにはコンペ等もあるのでそれに応募しながら実力をつけていくしかないでしょう。


どちらにせよ、フリーランスになるのは勇気と決断が必要なので後悔のない選択を心がけて下さい。

  

関連記事

www.tatsublo.net

 

 

スポンサーリンク