たつブロ

アラフォーWebデザイナーの福岡のグルメや日々についての事など、いろいろ雑多なブログです。たまに阪神のことも...

記事の内容に関係ない「アドセンス広告」は、とりあえずブロックしてみよう。

とりあえずブロックどうも、たつとらです。

 

ブログをやっている人の中にはGoogleアドセンス広告」を貼っている人も多いと思います。

 

「Googleアドセンス広告」は、ブログの読者が広告をクリックしたら収益が入るクリック型の広告のことですが、ブログを見に来た読者が自分に興味がある広告が貼られていたらクリックすることもあるでしょうが、全く興味がない広告ならば、まずクリックすることはないでしょう。(もちろん他の人のブログを見ていて自分に興味のない広告が貼られていた場合、ボクはクリックしません)

 

時々、自分のブログ記事をチェックすることもありますが、記事の内容と関係ないアドセンス広告が貼られていることもたまにあります。

 

例えば、グルメ記事を見にきた人が「不動産関係のバナー」を見てもほぼクリックされることはありません。(美味しい食べ物や参考になるお店を探しているわけですから)

 

それならば、表示させない為に「アドセンス広告」を自分で選んで貼れるのかと言うと、Googleは記事の内容やユーザーの属性などを分析して、アドセンスの広告内容を決めているので自分で記事を選ぶことはできません。

 

ということは、「関係ない広告が貼られているのは諦めるしかないのか?」と思ってしまいますが、「広告を選べない」代わりに貼りたくない広告をブロックすることはできます。

 

 

ブロックしたい広告を調べる

とりあえず最初に「表示させたくない広告」がどういうカテゴリーに分類され、どのくらいクリックされているのか調べてみましょう。

 

「Googleアドセンス」のページでログイン後左のメニューから「ブロックのコントロール」をクリックし、「コンテンツ」から「すべてのサイト」をクリックします。

「ブロックのコントロール」をクリックし、「コンテンツ」から「すべてのサイト」

上のタブから「一般カテゴリ」をクリックします。

 

一般カテゴリ

するとアドセンスが配信する広告のカテゴリがずらっと出てきます。

アドセンスが配信するカテゴリ

 

「収益額の割合」の欄を見ると、ここ1ヶ月のカテゴリーの広告の「クリック率」が表示されます。

「収益額の割合」の欄を見る

 

数字が「0.0%」であれば一度もクリックされていないということがわかります。(仮にクリック率が少しでもあれば少なからずクリックしている人がいるので、一旦保留してみてもいいかも)

 

よって「クリック率」も低く「表示させたくないカテゴリ」であればブロックしたり、「広告表示回数の割合」が多く、「収益額の割合」が低かったりするカテゴリをブロックすれば収益は上がるかもしれません。

 

 

デリケートなカテゴリ

また、「一般カテゴリ」の右のタブの「デリケートなカテゴリ」をクリックすると

デリケートなカテゴリ」をクリックすると

 

  •  ソーシャル カジノゲーム
  • ビデオゲーム(カジュアル ゲーム、オンライン)
  • 一攫千金
  • 出会い系
  • 医薬品、サプリメント
  • 宗教  etc

 

など、ちょっと怪しい感じのカテゴリが表示されます。

これらのカテゴリを表示させたくない場合もブロックすることができます。(デフォルトでは「アルコール」「ギャンブル、賭博(18歳以上)」のカテゴリがブロックされています)

 

スポンサーリンク

 

 

個別に広告をブロックする時

ただ、「カテゴリの全ての広告をブロックはしたくない」時や、「この広告だけは表示させたくない」という時も出てくるかもしれません。

 

そういう場合は左メニューの「広告レビューセンター」をクリックすると自分のブログに表示可能な「バナー広告」がランダムに表示されます。

広告レビューセンター」をクリックすると


 

【広告レビューセンター】

広告レビュー センターは、サイトに表示される広告について、より詳しい情報を取得して管理するための機能です。広告レビュー センターを有効にすると、サイトに掲載された個々の広告を審査して、今後もサイトのページに掲載するかどうかを判定できます。

 

引用:広告レビュー センターの概要 - AdSense ヘルプ

 

ここで「表示させたくない広告」の左下の「禁止マーク」をクリックすれば、選択したアドセンス広告内容を個別でブロックすることができます。

「禁止マーク」をクリック
 

ただ、googleアドセンスに登録した直後ではブログの情報が明確ではなく、「広告レビューセンター」は使用できないので注意が必要です。

 

また、広告の右下の「関連広告を検索」をクリックすると、表示されてる広告に関連してる広告が表示されます。

 

広告の内容は定期的に更新されるので、常にチェックした方がいいかもしれません。

 

左上のタブに「審査前」と書かれていて、ややこしいですが既に掲載されている広告が一覧で表示されているのでご心配なく。

左上のタブに「審査前」と書かれている


 

単価が高い広告は

ちなみに「アドセンス広告」の単価が高い広告もあり、

AdSenseでクリック単価が高いジャンルは、

 

金融

保険

不動産

自動車

美容

ダイエット

就転職

などです。

 

これらを題材にしたサイトの広告は、高単価が期待できます。

 

引用:AdSenseでクリック単価の高いジャンルの例と調べ方 - ボクアフィ

 

と、これらの広告の表示を狙って記事を書けば収益も増えるかもしれません。


ただし単価が高いということは、もちろんライバルも多いので、自分のブログがGoogle検索の上位に載ることができるかがカギとなるでしょう。

 

以上、「Googleアドセンス広告」は自分で選んで表示させることはできませんが、表示させたくない広告はブロックすることができます。

 

前述しましたが、基本的に「表示回数が多く」て「クリック率」が低い広告をブロックすると人によっては収益も増えるでしょう。


ボクは、現在「表示させたくないカテゴリ」一つだけをブロックしていますが、今後も記事のアクセスや「記事の内容と関係ない広告」、「クリック率があるかどうか」を逐一チェックしながら、ブロックが必要かどうか検討していこうと思います。

 

では、また。 

 

スポンサーリンク

 

  

アフィリエイト始めるなら

初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net

 

もしもアフィリエイト

 

こちらも合わせてお読みください

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net