たつブロ

アラフォーWebデザイナーの福岡のグルメや日々についての事など、いろいろ雑多なブログです。たまに阪神のことも...

[閉店]【シュタットマインツ】 福岡薬院にある、本場ドイツの味に感動できるお店

本場ドイツの味に感動できるお店どうも、たつとらです。

 

今回はテレビでソーセージがたまたま映り、そこから「ドイツ料理が食べたい」と単純な理由で福岡市の薬院にあるドイツ料理の店「シュタットマインツ」にディナーで行って来ました。


福岡では意外にもドイツ料理専門の店はほとんどなく、場所や雰囲気からこちらに決めました。

 

ドイツ料理と言えば、「ビール」「ウインナーソーセージ」のイメージですが、その他にも「ザワークラウト(酸味のきいたキャベツの漬物)」やメインディッシュの肉料理に付け合わせを加えるボリュームある料理が一般的なイメージだそうです。

 

そして、このお店は本場のドイツ料理が味わえ、素直に「美味しいんだな」と感動できたお店でした。

 

今回伺ったお店「シュタットマインツ」の紹介がHPにあったので引用します。

古都ヴェルツブルクで1430年創業の「Zur Stadt Mainz」は、地元の人々や世界の旅行者たちに愛されてきた「ドイツおふくろの味」の有名レストランです。
そこで覚えた味、そしてドイツの店と姉妹店の滋賀店「ヴュルツブルク」で学んだ味を基本に食材にこだわった本場のドイツ料理が味わえます。

 

引用:福岡、薬院で絶品ドイツ料理の「シュタットマインツ」

 

 

薬院の2階にあるお店

お店は階段を登った2階にあり、

お店は階段を登った2階

こちらは、入り口にある看板で、

入り口にある看板

 

店内はどちらかと言うとこじんまりしています。

店内はどちらかと言うとこじんまり

 

しかしながら、入りづらくはなくドイツのご家庭にお伺いしたみたいな感じです。 

 

席はテーブル席のみの6テーブルで、夜の7時に予約していましたが、既に3組入っていました。

 

お客さんも夫婦連れと家族連れで年齢層も上の方ばかりで意外に年齢が高い人にも人気なんですね。

 

店員さんは、お2人で(夫婦なのかな?)、男性の方がキッチン、ホールを女性の方が担当しています。

 

ドイツビールを注文

「ドイツと言ったらやはりビール」ということで、さっそくビールを注文。 

 

日本のビールも置いてありますが、普段見慣れないドイツビールがたくさんあります。

普段見慣れないドイツビール

普段見慣れないドイツビール
 

ここのオススメは国内で2店舗だけでしか飲めない「ヴュルツブルガー ホフブロイ

ヴュルツブルガー ホフブロイ

このビールを飲めるのは、日本国内で2店舗だけ。

そして九州ではここ、“ZUR STADT MAINZ”でしか飲めない大変希少なドイツビールです。

 

ビール特有の苦みや香ばしい香りはなく、口に入れた瞬間の
さわやかにほのかに甘い香り、ビールのイメージを一新させるビールです。

 

引用:ドイツ料理パーティーで今までにない、おもてなし(シュタットマインツHP)

 

しかしながら、ボクが注文したのは燻製ビールというのが気になったので「ラオホ(燻製)ビール」を。

燻製ビールというのが気になったので「ラオホ(燻製)ビール」を

色は、黒ビールみたいに黒い見た目で飲んでみると確かに燻製された味と香りがします。

 

ビールにしては珍しい味でしたが苦味があまりなく飲みやすかったですね。

 

スポンサーリンク

 

 

肉厚のベーコンがのったサラダ

料理の方は、まずは隣の人が食べてて気になった「梶並さんのサラダ+ベーコンのせ」(梶並さんは、多分契約農家の人の名前)と「前菜の盛り合わせ」を注文。

 

最初にお通しで「ワカサギのフリット」が来て、

「ワカサギのフリット」

 

「梶並さんのサラダ+ベーコンのせ」サラダの真ん中に大きなベーコンがドン!とのっています。

「梶並さんのサラダ+ベーコンのせ」

ベーコンは肉厚でかりっとしてて美味しいですね。サラダも新鮮でベーコンから出る香ばしい油と混ざると更に味わいが増し美味しさも増します。

 

次に「前菜の盛り合わせ」です。ハムの盛り合わせやミートローフ、キッシュ、ピクルスなどがのっています。

「前菜の盛り合わせ」
 

ミートローフには豚の肝が入っていてビールにもよく合います。マッシュポテトは、ザワークラウトみたくちょっと酸っぱい感じでしたが、それ以外は、量もちょうどいい感じで味も楽しめました。

 

本場ドイツの「ウインナーの盛り合わせ」

そして、目当ての「ウインナーの盛り合わせ」を注文。来たのは、「ブラートブラスト(焼きソーセージ)」と大きく太いケチャップがかかった「ウインナーカリーブルスト(カレー風味のソーセージ)」、珍しい四角いソーセージの「フライシュケーゼ」です。

目当ての「ウインナーの盛り合わせ」

 

食べてみると、どれも「肉をそのまま食べている」みたいな感じですね。一般的なウインナーというより
塩分はどれも控えめでした。

 

どのウインナーも良かったんですが1番気に入ったのは四角いウインナーの「フライシュケーゼ」。柔らかくて形からもウインナーって感じはしませんでしたが美味しかったですね。

 

ビールは、2杯目に「パウラーナーサルバトーレ7%」という物を。世界で最も古いビール(1516年から醸造)みたいで、味はコクがあってフルーティーでした。

2杯目に「パウラーナーサルバトーレ7%」

 

ボクはフルーティーなビールは好きなので自分の口にも合い、頼んで正解でした。

 

1番ハマった「手作りパン」

ドイツと言ったらパンも食べたいなと言うことで「手作りドイツパン盛り合わせ」「エシレバター」を注文。

「手作りドイツパン盛り合わせ」と「エシレバター」
 

ドイツのパンと言ったらハード系のパンですが、こちらのパンは手作りで焼きたてなのか「プレッツェル」は意外に柔らかく、もう一つのパン「ラウゲンブロート」は、生地がしまった感じでエシレバターとも良く合います。

 

こちらは「プレッツェル」。

こちらはプレッツェル

 

今回の料理の中でこの手作りパンが1番ハマったかも。普通に売っていたら「絶対買う!」味でした。

 

スポンサーリンク

 

 

シメはドイツのパスタ「ケーゼシュペッツェレ

最後は、「ケーゼシュペッツェレ」というドイツのパスタ。(結局、メインの肉料理は食べきれるほどお腹が空いていませんでした…最近は、メインを食べられないことが多い)

最後は、「ケーゼシュペッツェレ」というドイツのパスタ。

 

ケーゼシュペッツェレ

熱々とろとろのチーズを卵入りの麺「シュペッツェレ」と和えた料理がケーゼシュペッツェレ。ケーゼはチーズを意味し、シュペッツェレは南ドイツに伝わる郷土料理です。

 

引用:日本人の口に合うドイツ料理だけを厳選・実食!絶対食べてほしい! | TRIP'S(トリップス)


このパスタはチーズを使ったパスタで麺は太く食感はうどんみたいですね。チーズの香りも結構あり、お腹にも貯まりました。


トッピングでのっているベーコンも相変わらず美味しく、パスタの食感も含めてカルボナーラとはまた違った味わいでした。

 

最後に

以上今回頂いたディナーでしたが、想像以上に美味しく満足できました。


帰りにはキッチンの男性の方がわざわざ見送りにきて(一つの行動でも印象が大分変わりますね)接客、サービスも良かったと思います。


残念ながら肉料理は食べることができませんでしたが、ランチもやられているのでまた是非行ってみたいお店でしたね。

 

では、また。

※掲載情報は記事公開日の情報です。

 

たつとら的お店評価(個人的な見解ですので参考程度に)

  • コストパフォーマンス 4
  • お店の接客、快適度  4.5
  • 個人的満足度     4.5

※5店満点で計算しています

 

 

 ・ご予約はこちらから

tabelog.com

 

・店舗情報

【住所】福岡県福岡市中央区薬院伊福町11-1 KAZビル2F 【営業時間】ランチ / 11:00~15:00(OS.14:00)

ディナー / 18:00~23:00(OS.22:00)【定休日】月曜日

www.zurstadtmainz.jp

 

スポンサーリンク

 

 

 

食べログでお店を予約すればTポイントが貯まる

歓送迎会のお店探しならホットペッパー!!

 

こちらも合わせてお読みください

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net