たつブロ

アラフォーWebデザイナーの福岡のグルメや日々についての事など、いろいろ雑多なブログです。たまに阪神のことも...

仕事は「お金」より「時間」を優先した結果、前の会社に戻ることにしました。

仕事は「お金」より「時間」を優先したどうも、たつとらです。

 
皆さんも仕事する上でなかなか解決できない悩みがあると思います。

人それぞれ悩みは違うと思いますが、ボクは「仕事で優先すべきは、お金(給与)か時間」で悩みました。

 

そして、過去を振り返ったり今必要な物を選んだ結果、「時間」を選択し以前勤めていた会社に戻ることに決めました。

 

そんなこんなで今回の記事は私事になりますが、しばしのお付き合いをください。

 

 

仕事は「お金」か「時間」か

仕事をする上で避けて通れない選択の一つに、「お金(給与)」を優先するか「時間」を優先するかがあります。

 

ある記事によるとドイツのマーケティングリサーチの企業が「お金(給与)を優先するか時間を優先するか」を世界17カ国で調査したそうですが

ドイツの世界トップクラスのマーケティングリサーチ企業GfKが世界17カ国の2万2000人を対象にした調査(GfK「Attitudes around materialism」)によれば、「お金よりも時間のほうが大事」と考える人が大多数を占めました(唯一、日本人だけが「時間よりもお金のほうが大事」と答える人のほうが多いのですが)。多くの人は、時間はかけがえのないものだと考えているのです。

 

引用:お金と時間、どちらが大事?「USJ」に見る時間価値 | ZUU online

 

これよると、大多数の人が「時間が大事」みたいですが、ただ日本人だけが「お金が大事」なんだそうで...

 

これは何となくわかります。

日本人はホント「仕事」が好きで、ボクが今まで働いてきた会社も「時間を大事」にする会社は皆無に等しいぐらいでした。

 

確かに、「時間」より「お金」が大事だというのはわかります、少しでも「お金」が良い会社の方が「お金」が低い会社よりもやりがいもあるでしょうし、更に「給与」が上がるとモチベーションも増します。

 

若い頃は仕事さえやっておけばよかったので、どんなに遅くなっても「お金」の事しか考えていませんでした。

 

年齢を重ねるにつれ「時間」が重要に

「時間」が重要に

 

しかしながら、年齢を重ねるにつれ、「趣味に充てる時間や家族と過ごす時間」=「自由な時間」の方が次第に優先度が増し、今考えると辞めた会社のほとんどは「自由な時間」が取れないことが原因でした。(Web・デザイン業界という仕事柄残業か多いのが当たり前ですが)

 

「お金」は頑張りさえすれば昇給もあり賞与などで得る事ができますが、「時間」は一度失うと取り戻す事はできません。

 

ブログを始めてからは特にそう思うようになり、最近は遅くなることも多く残業が増えるにつれ時間の無駄を感じています。

 

空いた時間をフルに活用してブログを書けばいいのかもしれませんが、生活のリズムまで崩して書いて良い記事が書けるとは限らないし、通勤時間も今は自転車で1時間ほどかかり往復で2時間強はかかっているので、その時間は何もすることができません。(おかげで中年になってもスタイルは維持できていますが…)

 

それにつれブログ投稿の間隔が空いてしまい、アクセスは減りはしていませんが停滞気味で、「仕事と会社、往復だけで何もやる気も起きない…」と悪循環におちいり、いろいろ考えた結果、前の職場に戻ることに決めました。

 

もちろん勝手に戻ると決めたことではなく、偶然に前勤めていた会社の社長さんに会い、色々と話していた中で「良かったら戻ってきたら」と言われたからでして、今より小さな会社なので「お金(給与)」は多少減るけども、会社自体ボクがいた頃に比べ職場環境(定時退社や有給の取得の義務化など)も良くなり、仕事も今の会社よりやりがいもあり、社員の事も良く考えてくださる社長さんだったので戻ることにしました。

 

スポンサーリンク

 

 

前の会社に「お金」で辞めて「時間」で戻る

前の会社に戻る

 

「お金(給与)」で辞めた会社でしたが、縁もあり「時間」で戻るという、以前のボクでは考えられない事ですが、終身雇用が崩壊した今、一つに会社にずっと居続ける必要もないし、自分にとって必要な物を重視した結果、人生で今大事なのは「時間」かもしれません。

 

以前からボクは、自分が重要視するものがその会社になければ転職・独立を積極的にやっていきたいタイプだったし(それで転職回数も多いですが...)、他から求められれば尚更そうです。

 

また、安定した給与も保証できない時代に「時間」を無駄にするのは勿体ないし、「時間」さえあれば副業をやって副収入だって得ることもできます。

 

そんな中で時間を有意義に使いたくて始めた「ブログ」だったので、「お金」と「時間」で悩んだときに「時間」の重要さを改めて認識することができたのかもしれません。

 

最後に

と、まあ要するに結論を言えば「お金」を削って「自由な時間」を手に入れたかったって事ですね。(普通は逆かもしれませんが)

 

まだ今の会社にはもう少しいますが、「自由な時間」ができてブログの更新頻度が増えたからといって、アクセスが上がるとは限らず、記事の質も落ちたら意味がありませんが、今まで以上に「時間」を有意義に使え、日常生活も充実できるることでしょう。

 

あと、何だかんだいっても人の縁は大事かなと。

会社を辞める際は表面上でも嫌々ではなく円満に退職することが重要ですね。

 

その後何が起きるかわかりませんから。

 

では、また。

 

ボクも転職の際、登録していました

転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集

首都圏のIT・営業職求人、大手・優良求人多数。転職はマイナビエージェント

 

 

スポンサーリンク

 

  

 

 

こちらも合わせてお読みください

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net