たつブロ

アラフォーWebデザイナーの福岡のグルメや日々についての事など、いろいろ雑多なブログです。たまに阪神のことも...

時間の経過だけで、セブンの「あずきもなか」の【もなかの皮】がこうも違う?

f:id:ryurou-shima1126:20181201121638j:plain

どうも、たつとらです。

今回食べたのは、毎年発売されているセブンイレブンのアイスもなかの「あずきもなか」

f:id:ryurou-shima1126:20181201000701j:plain

 

美味しいけど...何か違う?

もなかのアイスの中でボクはこれが一番好きなんですが、今回も食べることがあったので紹介します。一番好きな理由はやはり皮がパリパリサクサクで食べやすくて何より美味しいって所ですね!小豆は北海道産のあずきを使用しているのもあるのか、値段はちょっと高めで税込213円です。使用されている、あずきの具合も良いですね。しっとりしてて甘さもちょうどいいです。

 

また、アイスもあずきが練り込んであるアイスなので全てあずき味で楽しめます。他のもなかではなかなか見られない3等分に割れるのもいいですね。シェアするときに半分あげるのが勿体ない場合や、自分で食べるときに割って食べるのにもちょうどいい大きさで、この部分は自分もオススメしたいポイントですね。

f:id:ryurou-shima1126:20181201113223j:plain

 

 

f:id:ryurou-shima1126:20181201113929j:plain



 

ただ、1つショックなことが...肝心のモナカの皮がパリパリではなかったのです。

もなかの皮は時間が経つと、しなしなに

一番の目当ての皮が...と思い、「もしかして皮が変わったのかな?」とネットで調べた所、どうやら買って直ぐ食べなかったことが原因みたいでした。

 

確かに、もなかの袋に購入後は早く食べるようにと書いてありました。今回は、買った次の日に食べたので皮がしっとりしてしまったんですね。このもなかのパリパリ感は「温度変化」や「時間経過」と共に失われていく可能性があるみたいです。よって、この「あずきもなか」を買った時は直ぐに食べることをオススメします。もなかの皮が違うと美味しさが半減してしまいますね...ホント全然違います。f:id:ryurou-shima1126:20181201001821j:plain※すみません、少し反射してしまいました。

セブンイレブンで受け取りもできる「セブンネットショッピング」

 

その皮を復活させる方法は?

そのもなかの皮ですが、実はパリパリに復活させる方法もあるみたいです。アイスもなかをオーブントースターで45秒温めるだけで、「工場出荷時のできたてに近い、一番美味しい状態になる」ということですが、アイスを温めること自体どうなんでしょうか?

news.livedoor.com

温めている時に「中のアイスが溶けたら+-0じゃないの?」と思ってしまいますが。ただ、一度は試してみたい気もしますので今回みたいなことがあれば、やってみるつもりではあります。

スポンサーリンク

 

 

もなかの皮を売っているお店もある

また、もなかの皮繋がりでボクが住んでいる福岡県の福岡市南区柏原の和菓子店「もなかの種」というお店にもなかの皮自体が売っているそうです。そういうお店があるのは初めて知りましたが、いろいろな形のもなかの皮が入った詰め合わせが売っているみたいですね。

 

この皮は

「もなかの種」で使われている皮は、隣接している「種金」で製造しています。「種金」は昭和24年創業、昔ながらの製法でもなかの皮を作っており、日本全国でも有名なお店に卸しています。

引用:もなかの「皮」を売ってくれる、福岡のお店が話題に - ニュース - Jタウンネット 東京都

 

youtu.be

通販でも、買うことができるみたいなので、気になった方は買ってみてはいかがでしょうか?

monakanotane.net

・店舗情報

【住所】福岡市南区柏原4-25-40【営業時間】12:00~17:30【定休日】日曜日(祝日要問合せ)

www.monakanotane.com

 

 

もちろん、普通にもなかも売っていて店内でも頂けるので、もなかが食べたくなったら行ってみようと思います。


以上、今回改めてもなかの皮は大事だなと気づかされました。中身だけでも美味しいのですが、皮が違うだけでこうも違うのかとある意味驚きました。今回紹介した「あずきもなか」は、直ぐ食べたいときに買うに限りましたね。 

 

では、また。

 

こちらも合わせてどうぞ

www.tatsublo.net

スポンサーリンク