たつブロ

アラフォーWebデザイナーの福岡のグルメや日々についての事など、いろいろ雑多なブログです。たまに阪神のことも...

ロッテのアイス【爽】、この時期でも一気に入っていくシャリシャリ食感たまらない!

f:id:ryurou-shima1126:20181116233010j:plain

どうも、たつとらです。

今回紹介するアイスは、ロッテから発売されている「爽」シリーズのアイスを二つ紹介します。

 

 

シャリシャリ食感で有名な「爽」

「爽」と言えば微細氷が入っていてシャリシャリの食感のアイスで有名です。また、四角い容器でカップアイスとしては変わった形なのでコンビニとかでも目立ちますよね。

 

1999年から発売されていて、約20年ぐらい経つブランドのアイスですが、同サイズのアイスと比べてカロリーも低いのでカロリーが気になる方は食べやすいかもしれません。 現在(11月4日) 発売されている味は、4種類でファミリーパックのものも売られています。

 

 

また、爽のオフィシャルページには普段と違う食べ方のレシピ等が載っているので試してみるのもいいかもしれません。

www.lotte.co.jp

スポンサーリンク

 

ビターでベルギーチョコが効いている「ベルギーチョコ&バニラ」

肝心の味の感想ですが1つ目が「ベルギーチョコ&バニラ」

f:id:ryurou-shima1126:20181104211414j:plain


ベルギーのちょっとビターな感じのチョコを使用しているのでそんなに甘くなく、バニラアイスと合わさることで味わいがまろやかになります。「爽」独特のシャリシャリ感を味わえ、すっきりとした後味なので夏場以外に食べるとちょっと冷えを感じるかもしれませんが、チョコなのにさっぱりしているので食後に食べてもぺろりと勢いよく食べてしまう美味しさでした。
また、アイスで使われているベルギーチョコ、このベルギーのチョコの特徴に

  • 高いカカオ含有量:ベルギーチョコレートは、他国と比べ高いカカオ含有量を誇ります。
  • カカオバターだけを使用:ベルギーでは、チョコレート作りに用いられる油脂はカカオバターのみ。

なので、ベルギーの高級なチョコ(GODIVAなど)をたまに食べたとき日本のチョコレートと比べ甘さ控えめで、カカオバターのみで作られているので余りなめらかさもないんですね。それで、高級なチョコレート=甘さ控えめという感覚が身に付いたのかもしれません。

 

再現が絶妙な「キャラメルマキアート」

もうひとつは、最近発売された「キャラメルマキアート」

f:id:ryurou-shima1126:20181104212054j:plain


キャラメルマキアートがよく再現されている味でどちらかと言うとミルク感が強く、ほろ苦いキャラメルコーヒーと合わさってほどよい甘さになります。キャラメルマキアートにバニラアイスをトッピングしたらこの味になるのかな?と感じるぐらい上手い具合に味が表現されていますね。
シャリシャリした氷も良い感じで、キャラメルマキアートからバニラアイスをすくって食べる時のちょっと解けた具合に似ていて、これは「爽」でしか表現できないかもと思ってしまうぐらい再現度が高かったです。

 

どちらも近くのコンビニ、スーパーで発売されていて価格は130円(税込140円)です。(11月10日現在)
アイスは季節問わず美味しく食べられるから、ついつい買ってしまい紹介しきれていないアイスも沢山ありますね... 今後は、もっと記事にできたらと思いますが。

 

では、また。

今なら無料登録するだけで500円クーポンプレゼント中♪【ロッテ オンラインショップ】

スポンサーリンク