たつブロ

福岡在住のWebデザイナーが福岡の食べ歩きのグルメを主にブログ関係や仕事について、更には気になった事などを雑多に綴るブログです。

ブログ記事のタイトルの付け方に迷ったら? オススメのテクニック本をご紹介

ブログ記事のタイトルの付け方に迷ったら? オススメのテクニック本をご紹介

どうも、たつとら(@tatsutora6) です。

 

記事の内容はもちろんですが、ブログを書く際にまず考えるのが記事のタイトルではないでしょうか。


一見タイトルを考えるのは難しくないかに思えますが、検索されて読まれる為にはタイトルは重要なので考えながらタイトル付けを行うと難しくなります。


ボクもタイトルを付ける際は、いろいろと考えて付けているのでけっこう時間を取られたりします。


そういう時に役に立つのがボクが普段利用しているこの本「一瞬で心をつかむ77の文章テクニック」

 

 


某ブロガーさんが紹介していてボクも購入しましたが、その名の通りタイトルや文章を書く際のテクニックが載っていてブログにも充分に役に立つ本ですよ。

 

この記事はこんな人にオススメ!

・ブログの記事タイトルの付け方が思いつかない人
・タイトルを付けるのに時間がかかってしまう人

 

 

ブログでのタイトルの重要性

ブログでのタイトルの重要性

 

検索からブログを読んでもらう為には、ブログのタイトルが重要になってきます。


タイトルを見ただけで読者の興味を惹かなければいけません。


タイトルだけで記事の内容がわかり、尚かつインパクトのあるタイトルでないと読んでもらえない可能性があります。


ブログの内容がどんなに良くても、読んでもらえなくては意味がありません。


よって興味を惹かれるタイトル作りが重要になってきます。

 

タイトル付けに役立つ本

 

 

 

ボクが利用している「一瞬で心をつかむ77の文章テクニック」は、全部で77のテクニックがあり、その中でタイトルに関するものは35個あります。

(それ以外は「書き出し」や「ストーリー&長文」など)


そして、この本の特徴は何といっても例が簡潔で読みやすく「ダメな例」と「良い例」が比較してあるので、タイトルも考えやすい所です。


下記にこの本に載っているいくつかの「ダメな例」と「良い例」を挙げてみます。
 

 ■テクニック01 |「数字」を入れる

 × プロの味が簡単に作れます

 ◯ プロの味がたった3分

 

 ■テクニック04 |「感嘆語」を入れる

 × あの豪華ホテルの宿泊代が無料!

 ◯ えっ!? あの豪華ホテルの宿泊代が無料

 

 ■テクニック06 |「焦燥感」を入れる

 × 体質に合った薬を選びましょう

 ◯ そのお薬、ほんとうに大丈夫ですか?

 

 ■テクニック10 |「クオリティー感」を入れる

 × 一つひとつ丁寧に作られた革財布

 ◯ 日本の職人一つひとつ丹念に手作りした革財布

  

 ■テクニック14 |「希少性」を入れる

 × デザイナーズソファを扱った販売サイトです

 ◯ お店がでは買えないデザイナーズソファ専門販売サイト

 


更には、タイトルを組み合わせるテクニックも載っているので個性的なタイトルも付ける事ができますよ。

 ■テクニック23 |ポジティブワード+ネガティブワード

 × プロの味が簡単に作れます

 ◯ プロの味がたった3分

 

テクニック27 |弱点+じつはそれが強み

 × 心からくつろげる伊豆の隠れ宿

 ◯ 5部屋しかない、伊豆の小さな隠れ宿

 

テクニック29 |一般論+じつは〜

 × ビールと健康のお話

 ◯ ビールは身体に悪い?でも1日1杯なら、むしろ体にいいんです

 

 

それぞれに詳しい解説も載っていますので、解りやすくタイトル付けに役に立つと思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

  


 

タイトルをつける際の注意点

タイトルをつける際の注意点

 

ただ、タイトルを付ける際は中身と関係ないタイトルは付けないように気をつけましょう。


読者がタイトルに惹かれて訪問してきたのに、思ったような内容でなければブログの印象も悪くなります。


タイトルに時間を掛けすぎて、中身の内容と合わなくならないようにも注意してください。


タイトルを考えても一度記事の内容と合っているかを確認するようにしましょう。

 

まとめ

上でも述べましたが、検索から記事を読んでもらうためにはタイトルが重要です。


ボクもタイトル付けによく迷うことがあり、その度にこの本を読んで考えています。


もし、タイトル付けに迷っているなら一度「一瞬で心をつかむ77の文章テクニック」を読んでみてはいかがでしょうか。


時間も短縮できて思うようなタイトルが付けられるかもしれませんよ。


 

 

「はてなブログ」有料版にするなら

 

 

関連記事

www.tatsublo.net

 

www.tatsublo.net

 

 

スポンサーリンク