たつブロ

アラフォーWebデザイナーの福岡のグルメや日々についての事など、いろいろ雑多なブログです。たまに阪神のことも...

【上本選手】の残留で、来期はユーティリティープレイヤーになれる選手が鍵をにぎる?!

f:id:ryurou-shima1126:20181113222958j:plain

あえてレギュラー争いを選んだ上本選手は勝ち残れるか?

阪神ファンにとっては、一つ嬉しいニュースが飛び込んできましたね!

headlines.yahoo.co.jp

 

シーズン後の一つの心配事でありましたが、上本選手がFA宣言をせずに残留を決意しました!

 

これには多くの阪神ファンが安堵したと思います。実際、ボクも残留を願ってたので心からホッとしました。今年はシーズン序盤、チームを牽引する活躍で好調を維持していただけに、ケガで今シーズンを離脱することになりチームとしては痛かったですね。上本選手の離脱も今シーズンのチームの不調の原因の一つではなかったでしょうか。

 

シーズン後は、チームへの残留を明言せず、他球団の評価も聞いてみたいと言っていたので不安でしたが、球団からの熱意ある残留交渉やケガの後のリハビリを支えてもらったことに感謝して残留に至ったので、この点に関しては、球団を讃えたいですね。

 

ただ、来年は今年以上に本人にとっては勝負の年になるのではないでしょうか。現在32歳でそろそろベテランの域に達する年齢で、今シーズンは内野に限っては糸原選手、北條選手、大山選手が活躍し、植田選手熊谷選手等も来年飛躍する可能性もあるし、残留したからと言ってレギュラーが確約されたわけではないのでレギュラー争いに対する競争はあると思います。

 

また、大山選手がショートの練習をしたというニュースやファーストとは言え陽川選手、残留が決定したナバーロ選手原口選手も可能性があり、これに新外国人が加わったりすれば内野手争いは更に激しくなります。

www.sanspo.com

これにより、もしかしたら玉突きで誰かが外野にコンバートされることも矢野監督ならあるかもしれないので、ボクとしてはやはり、いろいろなポジションを守れる選手(ユーティリティープレイヤー)が鍵を握るのではないでしょうか。


セ・リーグにはDH制がないので選手が出場する機会も限られてきます。現段階では、セカンドでは糸原選手が一歩リードしているのかな?と思うし、上本選手も外野の守備練習もしたことがあったそうなので、残留したからにはとりあえず出場するということを前提に頑張って欲しいです。

 

それよりも何よりも来年も阪神のために戦ってくれるというのはファンとしては、これ以上嬉しいことはないですね!シュアなバッティングに意外に長打力もあるバッティングや、今年の阪神の弱点であった足を使った機動力野球で、チームを引っ張って行くようなリードオフマン的な役割を担い、若手とのレギュラー争いを通してお互い切磋琢磨して勝ちに繋げていくことを願っています!

 

では、また。

プロ野球見るならスカパー!



スポンサーリンク