たつブロ

アラフォーWebデザイナーの福岡のグルメや日々についての事など、いろいろ雑多なブログです。たまに阪神のことも...

【ブログ記事の書き方】時間は掛かるかもしれないが、文字数を稼げる方法

ブログ記事の書き方、文字数を稼げる方法どうも、たつとらです。

 

ブロガーの皆さんは「ブログの書き方」は人それぞれで、書くのが速い人もいれば、時間が掛かってしまう人もいるかと思います。

 

また、文字数を気にしている人は「出来るだけ多く文字数を稼ぎたい」と考え、記事によっては文字数を意識するあまり、内容が伴わない的を得ていない記事になる事もあるかと思います。

 

そこで今回、元々記事を書くのに速さを意識して書いている人には参考にならないかもしれませんが、「文字数を稼げるブログの記事の書き方」を紹介しようと思います。

 

 

 

「記事の内容を箇条書き」にして貯めていく方法

ボクも最初の頃は文字数のことが気になり、記事の内容とあまり関係ない事を書いて文字を稼いでいましたが、読み返してみると「変な文章だなぁ...」と思う事もよくありました。(こういう記事については後々リライトしていきたいですが)

 

しかしながら、偶然あるブロガーさんの記事(誰のどの記事か忘れてしまって言及できずにすみません)に「ブログの書き方」のコツみたいな物が載っていて「これはいい!」と思い、この方法を始めました。

 

それは、「書く記事の内容を箇条書き」にして貯めていくというやり方です。

 

ボクもこの方法を始めて時間と手間は掛かりますが、内容がある長い文字数の記事が書けるようになりました。

 

何故長い文章にこだわるかと言うと、以前書きましたが、記事の検索順位を上げるには内容がある長い文章の方がSEO的にも検索順位では上の方にくるので、検索順位を上げたい人は出来るだけ長い文章を書くことをオススメします。(内容がある事が必須ですが)

www.tatsublo.net

 

そこで、まずは記事にする「キーワード」を考えます。 

キーワードやタイトルについては、こちらも以前記事にしたのでこちらを参考に。

www.tatsublo.net

「キーワード」を決めたら、そのまま「キーワード」に関することを「箇条書き」で挙げていきます。

 

今回「ブログ 書き方」を例として挙げると

例として今書いている記事を取り上げると、この記事のキーワードは「ブログ  書き方」にしました。

そこでこのキーワードに関することを箇条書きで挙げていきます。

 

ボクはいつもスマホのアプリでメモを取ります。

「ColorNote」というアプリですが、これはメモを自動で保存してくれるので、うっかり保存し忘れることもなく、急いでメモを取ったり、間違ってアプリを終了しても保存されているので便利です。

 

また、カラーごとにメモが分類できるのでカテゴリー別に管理する事もできます。

 

iNote - Sticky Note by Color
iNote - Sticky Note by Color
開発元:CONG DUC TRAN
無料
posted withアプリーチ

こちらは今回書いたメモです。

こちらは今回書いたメモ


分かりにくいですが、こんな感じでラフ(箇条書き文)を貯めていっています。
これを分かりやすく並べると

 

キーワード「ブログ 書き方」

時間はかかるが文字をかせげる
文字数が少ない人にはオススメ
キーワードを考えたらそのままタイトルに関することを箇条書き
箇条書きした文字をパズルみたいに並べかえ文章になるように繋げていく
速さを意識している人には参考にならないが
こんな感じでラフを貯めていく
以前も書いたがSEO的に長いほうが検索順位にも影響
例をあげる
スマホアプリを使いメモをとる
メモをコピーしはてなブログにはる
最初にタイトルを考える
はったメモ(箇条書き)を下書きとして、文章化していく
とりあえず最初は段落、改行を考えず文章を書き上げる
書き上げたら過去記事をコピーして新しいページを作る
下書きをコピーした記事に見やすいように差し替える。
最後に画像を張り替える
変わっていて、最後に見出し(SEO対策としてキーワードを絡めるように)
タイトルにより、下書きで書いたリード文を多少変更する場合も(キーワードを上手く絡めるために)
時間と手間はかかるが、内容がある長い文字数の記事が書ける
最後のまとめはその時に自分で書く

 

今回挙げたらザッとこのぐらいの数になりました。

 

パッと浮かぶこともあり、直ぐにメモを取るので常にスマホは欠かせなくなっています。

 

スポンサーリンク

 

 

「箇条書き」文を並び替えて文章を作る

「箇条書き」にした文字を並べ替えて文章に

 

この「箇条書き」にした文字をパズルみたいに並べかえて、文章になるように繋げていきます。

 

これで文字数を意識しなくても自然と1000文字は越えるようになりましたね。


また、貯まりすぎてしまい逆に使わない「箇条書き」の文字もあったりします。

 

そしてちょっと順番が変わっていますが(普通は先に「タイトル」と「見出し」を書く事が多い)、下書きとして出来上がった文章のあとに「タイトル」と「キーワードを絡めた見出し」を差し込みます。


タイトルによって、下書きで先に書いていたリード文を多少変更する場合もあります。(キーワードを上手く絡めるために)


締めの言葉はこの時に考えるようにしています。締めも大事なので、なかなか浮かばない事も…

 

最後に

最後の最後に画像を適切な場所に配置して完了となります。

 

これを今度は、新しく作った記事のページに書き込んでいくので、出来上がるまでに時間はかかりますね。


けれども、今のところボクにとって文字数と記事の内容のバランスがいいのでこの方法を取るようにしています。(人によってはもっと良い方法があるかもしれませんが)


皆さんの中にも文字数が少なくて悩んでいる方がいたら、参考にしてみてはいかがでしょうか。
(結局、今回も使わなかった文字がありましたが…)

 

 

では、また。   

 

スポンサーリンク

 

  

アフィリエイト始めるなら

初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net

 

もしもアフィリエイト

 

こちらも合わせてお読みください

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net