たつブロ

アラフォーWebデザイナーの福岡のグルメや日々についての事など、いろいろ雑多なブログです。たまに阪神のことも...

福岡春吉【塩田屋】「もつ鍋」ではない「もつ焼き」に特化した珍しいお店

「もつ鍋」ではない「もつ焼き」【塩田屋】どうも、たつとらです。

 

福岡で「もつ」と言えば「もつ鍋」が有名で、福岡にくる観光客にも広く知れ渡っている名物料理ですが、今回紹介するお店はその「もつ」を焼いて提供する福岡では珍しい「もつ焼き」専門のお店「塩田屋」です。

 
お店は福岡市中央区の春吉にあります。

 

 

豚の提灯が目印の「塩田屋」

春吉と言えば居酒屋等が多く、週末になれば人混みができるほど賑わう場所なので、余り来慣れてない人は一つ一つのお店が判りにくいとおもいます。

 

しかしながら、この「塩田屋」は大きく目立つ豚の提灯が目印なので判りやすいかもしれません。(赤々と照らされていますw)

大きく目立つ豚の提灯

 

店構えは小さく、中に入るとカウンター席が目の前に6席あり、入り口の右側に4人ぐらいが入れる小さな座敷が1つあります。(写真はカウンターから見た画ですが...)

写真はカウンターから見た画ですが


 

席数も少ないので予約しないとなかなか入れないかもしれません。(今回ボクも予約して行きました)

 

こじんまりしたお店なので店員さんも2人だけで、来店したときから慌ただしく動いていて忙しそうでしたね。

 

席に座ると用意されていた箸置きにも豚が。見づらいですが中には5円玉が入っています。(ご縁と掛けているのでしょうか)

箸置きにも豚
 

珍しいメニューばかり

そして、さっそくメニューを見ると名物の「中身焼き」「もつの刺身(こちらは体調が悪い人は食べないで下さいとの注意書きが...)」

「中身焼き」に「もつの刺身」

 

「もつの串焼き」等、他ではなかなか見慣れないメニューが。(「ブレイン(脳みそ)のバターホイル焼き」が気になる)

「もつの串焼き」等、他ではなかなか見慣れないメニュー

 

スポンサーリンク

 

 

今回注文したメニュー

まずは、「山形産みそあけがらし」を。

「山形産みそあけがらし」
 

シンプルにキャベツと「あけがらし」のみで、この「あけがらし」は初めて食べましたが(山形の自然食なんですね) けっこう濃厚でピリッとした辛さもあり、おつまみに最適でした。

 

最初に食べるにはもってこいの味ですね。

 

次に「豚の串焼き」を全種類頼もうとしましたが、品切れの品もあるということでお店の方に勧められた「豚と牛の串盛り」を。

 

一本一本小出しで出てきて、最初に「牛のハラミ」
ネギと唐辛子がまぶしてあり、食べてみると肉厚で柔らかく美味しいです。

「牛のハラミ」

 

あっという間に無くなりますね。

 

次に、「豚のヒレ」
見た目と食感からハムみたいな感じで、ごま油で味付けされていました。

「豚のヒレ」

 

そして、「豚の大動脈」

見た目そのままな感じで食感はコリコリしてて美味しい。これはハマりそうですね。

「豚の大動脈」

 

次が「牛のハツ」
こちらは焼き鳥の砂ずりみたいな感じです。味も食感もまさにそんな感じでした。

「牛のハツ」
 

最後に「豚のしろ(直腸)」

焼き加減が絶妙で脂もしっかりのっています。

「豚のしろ(直腸)」
 

もつの串焼きということで、最初はどういう物が来るのか不安でしたが総じて良かったと思います。 

 

そして、次に注文したのが「牛肉とうふ」

カウンターの目の前にあるこの鍋からついで提供されます。

カウンターの目の前にあるこの鍋から提供
 

ただ、この「牛肉とうふ」も変わっていて、充分に泡立てた卵につけて頂きます。(すき焼きみたいな感じでしょうか)

充分に泡立てた卵につけて頂きます。充分に泡立てた卵


 

食べてみるとなかなか味わえない食感で思ったよりもあっさりでした。

卵につけて頂きます。


 

ただ、お肉や豆腐にはしっかり味が付いていて卵とのバランスもバッチリでした。

 

最後は気になっていた名物の「中身焼き」です。

名物の「中身焼き」
 

メニューにもあるように「はつ」、「小腸」、「せんまい」、「タン元」に野菜を入れた鍋で出てきます。

 

これを専用のタレで頂きます。タレはみそ味で少々辛めの味つけで野菜やお肉にも合い、名物と言えるだけの事はありますね。

 

今回、1人前で注文しましたが結構お腹にもたまる量でした。

 

もちろん〆も頂き、「中身焼き」に残っている脂の鍋にガーリックライスが入り、卵をトッピング。

〆は「中身焼き」に残っている脂の鍋にガーリックライス
こちらも美味しく頂きました。

 

最後に

今回訪れた「塩田屋」ですが、見た事や味わった事ないものが多く好奇心もそそられ、尚且つ味も満足できるお店でした。

 

小さいお店ですが、予約客が次々にくる人気のお店なのも納得できる感じでしたね。


「もつ鍋」に飽きた人や、変わった料理が食べたい人にはうってつけのお店だと思います。


次は「もつの刺身」「ブレイン(脳みそ)のバターホイル焼き」か...?

 

では、また。

※掲載情報は記事公開日の情報です。

 

 

■■お店の紹介■■


女性の好奇心をくすぐるいまどき(?)のもつ焼専門店

 

食に関して言えば、男性より女性の方がずっと好奇心旺盛でチャレンジ精神に満ちている のだろう。

 

『らっぱ』(産道)、『ブレイン』(脳みそ)、『よろい』(あご肉)など未知のメニューにトライして「なにコレ〜?」とはしゃいでいるのは、ほとんどが女性客だ。

 

もつの魅力を伝えようと、味や食感の異なる様々な部位を丁寧に下処理しておいしく料理してくれるのは、店主。

 

まずは店主に『おまかせ』 (2800円〜)するのが、...

 

引用:もつ焼 塩田屋 (しおたや) - 天神南/もつ焼き [食べログ]

 

たつとら的お店評価(個人的な見解ですので参考程度に)

  • コストパフォーマンス 4.5
  • お店の接客、快適度  4
  • 個人的満足度     4.5

※5店満点で計算しています 

 

・店舗情報

【住所】 福岡県福岡市中央区春吉3-25-10 王丸ビル 1F

【営業時間】18:00〜27:00

【定休日】不定休

 

tabelog.com

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

食べログでお店を予約すればTポイントが貯まる

 

歓送迎会のお店探しならホットペッパー!!

 

こちらも合わせてお読みください

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net