たつブロ

福岡在住のWebデザイナーが福岡の食べ歩きのグルメを主にブログ関係や仕事について、更には気になった事などを雑多に綴るブログです。

【吟麦製麺】(博多区美野島)あの焼きそば店の製麺所で頂く、食べやすくて優しい中華そば

【吟麦製麺】(博多区美野島)あの焼きそば店の製麺所で頂く、食べやすくて優しい中華そばどうも、たつとら(@tatsutora6) です。

 

以前紹介した福岡で人気の焼きそば店「バソキ屋」

 

その「バソキ屋」が中華そばのお店を始めたというので先日博多区の美野島まで行ってきました。

▼「バソキ屋」の記事はこちら

 

お店の名前は「吟麦製麺」


名前からして「製麺所かな?」と思ってしまいますが、その名の通り「バソキ屋」などで使われる麺を製造している工場だそうで、そこで中華そばが頂けるという事みたいですね。


なので麺には自信があるみたいですよ~


更には福岡で今じわじわと来ている「非豚骨」の波。

 

最近ボクもよく「非豚骨」系のラーメンは食べますが、「バソキ屋が作る中華そば」どんな味なんでしょうか?


早速紹介したいと思います。

 

この記事はこんな人にオススメ!

・サッパリで優しい中華そばを頂きたい人
・2玉まで無料の製麺所で麺を味わって食べたい人
 

 

美野島商店街そばにあるお店

 

お店の場所は福岡市博多区美野島。


美野島と言えば美野島商店街が有名ですが、その近くにあるのが「吟麦製麺」


その「吟麦製麺」までの公共交通機関を使ってのアクセスはこちら。

  • 天神から・・・西鉄バス「高砂二丁目 」バス停から徒歩9分ほど
  • 博多駅から・・・西鉄バス「美野島一丁目」バス停から徒歩3分ほど

 

尚、駐車場はないので車の方は最寄りのコインパーキングを利用しましょう。

 

「吟麦製麺」の様子

外観はこちら。

外観はこちら。

外観はこちら。


製麺所や中華そば屋とは思えないガラス張りのオープンな外観ですね。


製麺所ということもあり、隣には麺の自販機もあります。

製麺所ということもあり、隣には麺の自販機もあります。


牛もつ鍋の販売もしているそうですね。

牛もつ鍋の販売もしているそうですね。


その他にテイクアウトも。

その他にテイクアウトも。


あの「バソキ屋」のヤキソバパンも売っていますよ。


さらにはコインパーキングを利用すると100円キャッシュバックもしてもらえます。


そして店内は、テーブル席が2席にその他はカウンター席になっています。


一部分しか撮れていませんが、店内の様子もオシャレで中華そば屋のイメージは沸きませんね。

一部分しか撮れていませんが、店内の様子もオシャレで中華そば屋のイメージは沸きませんね。

 

テーブルには唐辛子に柚子胡椒も。

テーブルには唐辛子に柚子胡椒も。

 

「吟麦製麺」のメニュー

次にメニュー。

次にメニュー。


メインの麺は3種類。


醤油ラーメンの「吟麦中華そば」、冷たいざるそばの「吟麦ざるそば」、ピリ辛のつけそば「吟麦辛そば」


嬉しいのは、製麺所であるが故か麺の量が2玉まで無料だということ。


「吟麦中華そば」なんか、600円で2玉まで無料だからコスパいいですよね。


その他には、モーニング専用(吟麦そば)のそばもあるみたいですね。

その他には、モーニング専用(吟麦そば)のそばもあるみたいですね。


サイドメニューは「五目おにぎり」に、先程も紹介した「焼きそばパン」とポテトのパンの「ポテパン」

サイドメニューは「五目おにぎり」に、先程も紹介した「焼きそばパン」とポテトのパンの「ポテパン」

サイドメニューは「五目おにぎり」に、先程も紹介した「焼きそばパン」とポテトのパンの「ポテパン」

 

「アップルジュース」もありました。

 

「ポテパン」は数量限定。

「ポテパン」は数量限定。


その中からボクが注文したのは「吟麦中華そば」の2玉に「五目おにぎり」です。


お会計は先払いです。

 

◆そばのメニュー 

  • 吟麦そば・・・600円
  • 吟麦ざるそば・・・600円
  • 吟麦辛そば・・・800円

 

 

スポンサーリンク

 

 

優しくて2玉でも多く感じない「吟麦中華そば」

まずは「五目おにぎり」

まずは「五目おにぎり」


見た目ほぼかしわおにぎりですね。

見た目ほぼかしわおにぎりですね。


吟麦のスープで味を取っているみたいですが、少々薄めの味付け。


入っている鶏肉がやはり味を引き立てています。


そして「吟麦中華そば」

そして「吟麦中華そば」


2玉入っているので、麺も普段食べるような中華そばと比べると多く感じますね。


トッピングは、豚肉にナルト、ネギと見た目もシンプル。


スープは醤油味で優しい味わいのさっぱり系。

スープは醤油味で優しい味わいのさっぱり系。


そしてこちらで作られている麺です。

そしてこちらで作られている麺です。


固さは普通でもちっとした感じが伝わります。


全粒粉でしょうか、麺に練りこまれてますね。


この自家製麺がしっかりとスープに絡んでいます。


途中で味変するため柚子胡椒を投入。

途中で味変するため柚子胡椒を投入。


ピリッとした味わいに変わり、入れて正解。


全体的に優しく食べやすい味わいで、2玉でもそんなにお腹いっぱいにならずに完食できました。


ただ「バソキ屋」が作る中華そばなので、もっと濃厚な中華そばを期待してましたが、
意外とあっさりしていたのでもう少しパンチがあっても良かったかな?とは思いましたね。


こちらは奥さんがいただいた「吟麦辛そば」

こちらは奥さんがいただいた「吟麦辛そば」


こちらも2玉でボリュームあります。

こちらも2玉でボリュームあります。


「吟麦辛そば」には吟麦DASHIが付いてきて、付け汁に入れて味を変えることもできます。

「吟麦辛そば」には吟麦DASHIが付いてきて、付け汁に入れて味を変えることもできます。

 

最後に

優しい薄めの味で、ボクは先ほどもう少しパンチが欲しいと言いましたが、こういうあっさり系が好きな方には美味しく頂けるんではないでしょうか?

 

また自動販売機でも麺が売られていて、いつでも購入できるので今度はそちらもチャレンジしてみようかと思いましたね。

 

では、また。

※掲載情報は写真撮影日の情報です。

 

 

関連記事

www.tatsublo.net

 

店舗情報

 店名 吟麦製麺
住所 福岡県福岡市博多区美野島1丁目9−20
電話番号 0922924211
営業時間 [月〜日]朝7:30~ 22:00
店休日 無休
紹介ページ

www.basokiya.com

 

オススメ度(個人的評価) ※10段階評価 ☆☆☆☆☆☆☆(7)

 

スポンサーリンク

 

 

吟麦製麺中華麺(その他) / 博多駅西鉄平尾駅渡辺通駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3