たつブロ

福岡在住のWebデザイナーが福岡の食べ歩きのグルメを主にブログ関係や仕事について、更には気になった事などを雑多に綴るブログです。

福岡【中洲 川端 きりん】 独特の豚骨ラーメンが絶品!この美味さ食べんとわからん

福岡【中洲 川端 きりん】 独特の豚骨ラーメンが絶品!この美味さ食べんとわからん

どうも、たつとら(@tatsutora6) です。

 

福岡県人ならこのタイトルを見たらわかる人も多数いるかと思いますが、今回はそう言いたくなるようなお店に行ってきました!


そのお店は福岡のラーメン店「中洲 川端 きりん」


福岡市の「川端通商店街」にある人気のラーメン店で、メディアでもよく紹介されているお店ですが、今回ボクも初めて食べてきました。


福岡であまり食べなれない、独特の後味がすっきりの上品な感じの豚骨ラーメンで意外とハマる味でしたよ。


ホントに食べてみないとわからない美味しさですね!

早速リポートします。

 

この記事はこんな人にオススメ!

・「川端通商店街」付近で美味しいラーメンを食べたい人
・クセがないけどしっかりした味の豚骨ラーメンを食べたい人
 

 

「川端通商店街」そばの「中洲 川端 きりん

 

お店の場所は、福岡市博多区上川端町。

 

「川端通商店街」の一角の少し商店街から出た場所にあります。


近くにはボクが以前訪れたカレーのお店「バークレー」もあります。


主要スポットからのアクセスは以下の通りです。

 

◆主要スポットからのアクセス

  • 博多駅から・・・地下鉄「中洲川端駅」から徒歩6分ほど
  • 天神から・・・西鉄バス「東中洲」バス停から徒歩4分ほど

 

 

  

お店の様子

川端通商店街の真ん中ほどの冷泉公園方面に出た「博多ラーメンはかたや 川端店」の隣にあるお店が「きりん」

川端通商店街の真ん中ほどの冷泉公園方面に出た「博多ラーメンはかたや 川端店」の隣にあるお店が「きりん」

川端通商店街の真ん中ほどの冷泉公園方面に出た「博多ラーメンはかたや 川端店」の隣にあるお店が「きりん」


お店の看板は大きく提灯もあるので、わかりやすいかと思います。


入り口にはラーメンとつけ麺の看板も。

入り口にはラーメンとつけ麺の看板も。

入り口にはラーメンとつけ麺の看板も。


豚骨と醤油とつけ麺が看板メニューみたいですね。


入り口のすぐ横には券売機があるので、ここで食券を購入して店内に入ります。

入り口のすぐ横には券売機があるので、ここで食券を購入して店内に入ります。


この日は店内のお客さんが満席だったので、お客さんが出てくるまで外で待機して入店。


ラーメン店なのに意外と団体が多くて賑わっていましたね。


メニューは後程紹介するとして、店内の様子も。


店内はカウンターにテーブル席の造りで、そこまで広くありません。


ボクらはこの日はカウンターに着席。


店内の画像はカウンターのみになりましたが、机の上にはキムチもやしやニンニク、豚味噌などがサービス用に置いてあります。

店内の画像はカウンターのみになりましたが、机の上にはキムチもやしやニンニク、豚味噌などがサービス用に置いてあります。

店内の画像はカウンターのみになりましたが、机の上にはキムチもやしやニンニク、豚味噌などがサービス用に置いてあります。

机の上にはキムチもやしやニンニク、豚味噌などがサービス用に置いてあります。


また、カウンターの上には反射で見づらいですが豚骨拉麺とつけ麺の紹介も。

また、カウンターの上には反射で見づらいですが豚骨拉麺とつけ麺の紹介も。

また、カウンターの上には反射で見づらいですが豚骨拉麺とつけ麺の紹介も。


豚骨拉麺は麺の固さをバリカタ・カタ・普通から選ぶことができます。


つけ麺は麺の量を普通・中盛・大盛から選択可能。

 

 

スポンサーリンク

 

 

中洲 川端 きりん」のメニュー

そして、メニュー。

そして、メニュー。


先ほども述べたように3種類(豚骨・醤油・つけ麺)の看板メニューにそれぞれにトッピングした商品も。


更にはサイドのご飯系の「卵かけごはん」、「チャーシュー丼」や「肉汁餃子」など。


ドリンクもアルコールやソフトドリンクもありますよ。


その中からボクが注文したのは、「豚骨拉麺(カタ)」に「卵かけごはん」を。


「卵かけごはん」は、全卵か黄身のみを選ぶことができますが、ボクは全卵に。

 

◆主なメニュー 

  • 豚骨ラーメン・・・650円
  • 醤油ラーメン・・・750円
  • つけ麺・・・880円
  • 卵かけごはん・・・(大)300円、(小)250円
  • チャーシュー丼・・・350円

 

溢れんばかりのスープが特徴的な豚骨ラーメン

しばし待つこと数分。


ラーメンが運ばれてきました!

ラーメンが運ばれてきました!


見た目はよく福岡で見る豚骨ラーメンとは違いますね。


しかもスープの量は多く、丼から溢れそうなぐらいに入っていますね。


スープの色はちょっと白っぽい感じでチャーシューと海苔、卵にネギが入っています。


スープはあっさり系ですが、ちゃんと味もしっかりした豚骨です。

スープはあっさり系ですが、ちゃんと味もしっかりした豚骨です


後味もすっきりで飲みやすいスープですね。


麺は豚骨にしては少し太く、もちもち感もある玉子麺。

麺は豚骨にしては少し太く、もちもち感もある玉子麺。


チャーシューは低温調理されていて、こちらも豚骨ではあまり見かけないようなチャーシュー。

チャーシューは低温調理されていて、こちらも豚骨ではあまり見かけないチャーシューですね。


玉子はいい感じの半熟感。

玉子はいい感じの半熟感。


美味いので麺も進みまくって、替玉(120円)ももちろん注文。

美味いので麺も進みまくって、替玉(120円)ももちろん注文。


替玉は現金でも対応していて、途中で替玉したくなっても安心。


こちらは「卵かけごはん」

こちらは「卵かけごはん」


いたってシンプルな「卵かけごはん」です。


こちらはラーメンのタレをかけていただきます。

こちらはラーメンのタレをかけていただきます。


オススメは卓上のキムチもやしと豚味噌を入れていただくみたいで、この日はそのまま食べてしまいましたが、ラーメンのタレともしっかり合っていて良かったですね。


豚骨ラーメンが独特だったので、どんな味なのかホント食べてみないと分かりませんが
結果美味しくて良かったです。


これはまた食べてみたいと思わせる味でした、ごちそう様です!


奥さんが注文したのは、「つけ麺」と「チャーシュー丼(スライス)」。

奥さんが注文したのは、「つけ麺」と「チャーシュー丼(スライス)」。

奥さんが注文したのは、「つけ麺」と「チャーシュー丼(スライス)」。

奥さんが注文したのは、「つけ麺」と「チャーシュー丼(スライス)」。


「チャーシュー丼(スライス)」見映えも良く美味そう。

「チャーシュー丼(スライス)」見映えも良く美味そう。

 

最後に

普段ボクはこってり系の豚骨ラーメンが好きで濃いめの味付けが好きなんですが、こちら「中洲 川端 きりん」の豚骨は、こってりではなくともしっかりした味でお腹にも優しい感じの豚骨ラーメンでした。


これはこれで全然ありの美味しいラーメンでしたね。


こちらには醤油ラーメンもあるので、いつか挑戦してみたいですね。

 

では、また。

※掲載情報は写真撮影日の情報です。

 

 

関連記事

www.tatsublo.net

 

店舗情報

 店名

中洲川端 きりん

住所 福岡県福岡市博多区上川端町9−151
電話番号 092-292-6563
営業時間 8:00〜翌7:00
店休日 不定休
紹介ページ tabelog.com

 

オススメ度(個人的評価) ※10段階評価 ☆☆☆☆☆☆☆☆(8)

 

スポンサーリンク