たつブロ

福岡在住のWebデザイナーが福岡の食べ歩きのグルメを主にブログ関係や仕事について、更には気になった事などを雑多に綴るブログです。

福岡向野【パンや 日乃光】大橋にも近いお手軽で人気のパン屋がこんな所に!

パンや 日乃光、大橋にも近いお手軽で人気のパン屋

どうも、たつとら(@tatsutora6) です。

 

ここ何年も朝はパン、昼も時にはパンとパンの割合がご飯よりも多い日が増えていますが、それに合わせて美味しいパンのお店もどんどんオープンしています。

 
気づいたら、「ここにも?、こんなところにも?」と歩くたびにパン屋がオープンしてはパンを買うという、パン屋に踊らされているw
ボクですが、今回紹介するパン屋さん「日乃光」(お米のお店ではないですよ)は今年オープンしたにも関わらず、既に「街の馴染みのパン屋」さんという存在にもなりつつあるお店です。

 

 

大橋にも近い向野にあるお店

そのパン屋「日乃光」は、福岡市南区向野という場所にあります。


場所的にちょうど高宮と大橋の間ぐらいの場所にあり西鉄電車の高宮駅や大橋駅から500mぐらいあるので、歩いたら少し時間がかかるかもしれません。

 

また、近くには福岡で人気のイタリアンレストランpepecino(ペペチーノ)もあり、こちらを利用した後に日乃光に行く事もよくあります。

 

車があるなら、駐車場もあるので車で訪れた方がいいかもしれませんね。

 

オシャレな外観の「パンや 日乃光」

お店の外観は、黒っぽいコンクリートの壁に大きなガラス窓で木目調の扉がおしゃれです。

お店の外観は、黒っぽいコンクリートの壁に大きなガラス窓で木目調の扉
またこの建物の奥には器屋の「悠遊」というお店、上には「洋々荘アパート」が入っています。

器屋の「悠遊」というお店、上には「洋々荘アパート」

 

そして、お店の目の前に駐車場があり、いつもお客さんが多く車の出入りが頻繁ですが、今回訪れた時は昼前の時間だからか、お客さんもそんなに多くなく車も停まっていませんでしたね。

 

小さめの店内にパンがずらり

店内に入ると右手側にパンが並べられています。

パンがずらり

パンがずらり

パンがずらり
小さなお店なので3、4人がパンの周りにくると少し窮屈な感じですね。

 

そんな狭い場所にでも様々なパンがあり、これは何にするか迷いますねぇ…


ちなみにこちらの店主は、いろんな福岡のベーカリーで20年以上も修行して「パンや 日乃光」をオープンさせたそうなので、パンにも相当こだわりがあるはずです。

じゃなければ、ボクもリピートしないでしょう。

 

こちらのお店の一番人気は「塩バターロール」、最近では定番のパンですね。

 しかし、ボクはまだ食べたことないし今回も買いませんでした…

 

何故って、他にも美味しそうなものがあるからついつい違うのを買ってしまいます。

 

人気商品なら美味しいって解っているというのもあるしw


また、入って左手側には小さいですがイートインスペースもあります。
席は4席あり、この日は満席でした。

イートインスペースも

 

スポンサーリンク

 

 

今回購入したパン

今回購入したパン

 

で、今回買ったパンですが左上から時計回りに「シチリアレモンとホワイトチョコ(200円)」、「自家製マヨネーズのチーズパン(170円)」、「きなこもち(150円)」、「チョリソードッグ(250円)」、「メロンパン(150円)」、「ジェノベーゼ(210円)」です。

 

この中で「メロンパン」は、このお店の2番人気です。

その中で今回ボクが気に入ったのは「きなこもち」。

 

和風なパンは大好きで「あんパン」なんかよく買ったりするのですが、パンともちのバランスが良く、きなこと相まって和菓子みたいな感じで美味しかったです。

 

最後に

最近のパン屋は価格もぼちぼちするお店も増えてきてますが、「パンや 日乃光」のパンの大きさはまずまずの大きさがあり(写真では分かりにくいですが)、その割には価格もそんなにせずお手頃なのが魅力的なんです。

 

だから人気のお店で、既にこの地域に根付いたお店なんだと思います。


自分の
家からもそんなに離れていないので、朝食にも最適なパンを求めに何度も通いたくなるオススメの「パンや 日乃光」でした。

 

では、また。

※掲載情報は記事公開日の情報です。

 

店舗情報

 店名 パンや 日乃光
住所 福岡県福岡市南区向野1丁目5−番25号
電話番号 092-287-5675
営業時間 9:00 ~ 18:00
店休日 月曜日
紹介ページ  

tabelog.com

 

オススメ度(個人的評価) ※10段階評価 ☆☆☆☆☆☆☆(7)

 

スポンサーリンク

 

 

 

こちらも合わせてお読みください

www.tatsublo.net

 

www.tatsublo.net

 

www.tatsublo.net