たつブロ

アラフォーWebデザイナーの福岡のグルメや日々についての事など、いろいろ雑多なブログです。たまに阪神のことも...

黒川温泉【お宿 のし湯】心も身体も癒してくれる高レベルな温泉旅館

高レベルな旅館黒川温泉【お宿 のし湯】どうも、たつとらです。

 

「有給だ~」


せっかく転職前に有給が取れたので、何かしたいし「何処か行きたいな~」と思い、早速国内ツアーを探しツアーを申し込みましたが、既に遅く「キャンセル待ち」…。

 

だったら近くで未だ行ったことがない温泉に行こうということで、熊本にある人気の温泉地「黒川温泉」へ。

 

今回急に宿を探したんですが、1泊2日の平日ということもあり、空きも結構あったので予約をすることができました。

 

泊まった宿は「お宿 のし湯 」さん。

 

口コミの点数も高く評判もよかったのでこちらの旅館に決めましたが、総じて良く「泊まって良かった〜、さすが黒川温泉」と感じさせてくれる心も身体も癒してくれる宿でした。

 

こちらは黒川温泉を散策した時の記事です。

どこか懐かしい「美味しさ」と「楽しさ」を凝縮した黒川温泉街を散策してみた - たつブロ

 

 

旅館までのアクセス 

こちらの宿「お宿 のし湯 」は、黒川温泉のだいたい真ん中あたりに位置していて、宿までのアクセスは車か高速バスになると思います。 

 

◇アクセスに関しては公式サイトに詳しく載っています

www.kurokawaonsen.or.jp

ボクは車を持っていないので高速バスで行く事に。

 

高速バスだと「黒川温泉行き」のバスが出ているので福岡からだと約3時間乗っているだけで、目的地の黒川温泉のバス停まで案内してくれます。

高速バス

 

今回、10分ほど遅れましたが無事に目的地に到着。

黒川温泉バス停

 

既に宿の方がお迎えにきてくれていました。

このバスに乗っていた「のし湯」の客は僕達たちだけだったのに、わざわざ迎えに来ていただきました。

ありがとうございます!

 

お宿  のし湯

宿には送迎の車でものの数分で到着。

宿の看板

 

木々に覆われた外観でまるで森の中にあるような入り口です。

木々に囲まれた入り口

入り口の門から

 

入り口を進むと玄関。

玄関までに続く道

 

館内は、懐かしさも感じられる造りで良いですね~

懐かしさを持つフロント

フロント

ロビーで待つ

 

受付時にロビーで待っていると、「ウェルカムわらび餅」が。この心配りも憎いw

もちろん美味しく頂きましたよ。

ウエルカムわらび餅

 

このときにお風呂の説明も。

お風呂の案内

 

この旅館の部屋数は11部屋と限られていますが、お風呂は内湯に露天風呂、家族風呂が4つと合計6つと充実しています。


ボクが今回泊まった部屋にも内風呂が付いているので選び放題ですね。(一応全部入りました)

 

スポンサーリンク

 

 

旅館のお風呂

露天風呂と家族風呂は、こちらの番所を通って入ります。

番所から露天風呂や家族風呂に

 

こちらにカギがあれば家族風呂が空いているということなので、こちらで確認して家族風呂に入ります。

お風呂のカギ

 

お風呂に向かう途中もこのように緑で覆われています。

お風呂までの道も木々に囲まれている

 

また、温泉卵も。

お風呂の途中には温泉卵

 

この日の最後の2つみたいだったのでラッキー!

最後の2個

 

家族風呂は、半露天風呂一つに立ち湯(黒川温泉では「立ち湯」は有名みたいですね)、内湯が2つありました。


やはり、立ち湯が一番印象に残りましたね。

約130cmの深さで本当に立って入りました~びっくりです!

(露天風呂と家族風呂、内風呂は撮影禁止だったので旅館のHPの写真を載せています)

※家族風呂と内風呂は宿泊者専用です

・男性露天風呂

男性露天風呂

 

 ・女性露天風呂

女性露天風呂

 

 ・男性露天風呂

家族風呂半露天

 

 ・家族風呂内湯2つ

家族風呂内湯

 

・家族風呂立ち湯

家族風呂立ち湯

 

 ・内湯

内湯

 

泉質・効能

【泉質】弱酸性単純温泉
【効能】神経痛・婦人病・皮膚病・筋肉痛・うちみ・消化器病・痔病・疲労回復・便秘等
お肌に優しい湯触りが特徴的な温泉です。ゆっくり入浴することで体の疲れを解します。

 

 出典:熊本県・黒川温泉「お宿のし湯」<公式サイト>

 

気になるツリーハウス風の部屋

そして、今回泊まった部屋ですが、離れにあるツリーハウス風の部屋「このみ」です。

こういう旅館にこのような変わった部屋があるのも珍しいですね。

このみの部屋の看板

ロッジ風の造り

 

こちらの階段を登って部屋に入ります。

階段から部屋に

 

部屋の中はベッドがあり、

部屋の中

こちらはベッド

 

ソファも。

そんなに広くはないですが狭さも感じられません。

こちらはソファ

 

昔のダイヤル式電話も健在です。

化粧台には懐かしい電話

 

バルコニーにはブランコも。

バルコニーにはブランコ

 

ボクもしばしくつろぎましたw

ブランコに乗った僕

 

バルコニーの横には内湯に続く階段があります。

ここから内湯(檜風呂)に入る事ができます。

この階段は部屋風呂につながる階段

部屋風呂の中

 

こちらはトイレです。中は広々としています。

こちらはトイレ

 

その他、金庫や消臭スプレー、旅館は木々に囲まれていてるので虫も出やすいということで殺虫剤も。

サービスのコーヒーや紅茶もあります。

タオルや浴衣に消臭スプレーなども

コーヒーのサービス

 

そして下駄箱には雨が降った時のために傘やレインシューズまで置いてありました。

こういう細かいサービスも良いですよね。

雨でも大丈夫な傘やレインブーツ

 

また、全部屋Free Wi-Fi完備もブログ等で日常スマホを使う自分としても嬉しいことですね。

 

スポンサーリンク

 

 

旅館の施設

旅館内には、全ては紹介しきれませんがその他にもいろいろと施設があります。

 

旅館の庭の中にある囲炉裏、こちらでもゆっくりくつろぐ事ができます。

外の囲炉裏

 

こちらは談話室。クラシック音楽が流れコーヒーや紅茶が無料で頂けます。

ボクも朝利用して落ち着く空間でしたね。

こちらは談話室

談話室内

 

そしてセルフサービスのバーもあります。

バー看板

 

ジャズが流れる室内で自分でお酒を作って頂きます。

今回利用しませんでしたが、酒好きなら一瞬でこの雰囲気に浸れる空間だと思いますよ。

バーのお酒

バーのお酒

バーカウンター

バーテーブル

 

見た目も味も良い料理

今回ボクが利用したプランは夕・朝食付きのプランで、まずは夕食から。

 

夕食を頂いた部屋は縦に長い部屋で、旅館には珍しくオープンキッチンになっています。

食堂内

オープンキッチン

 

四季替わりの会席で、ボクが頂いたのは「夏のお献立」でした。

 

見た目も凝ってて味も上品で美味しく、旅館といったら食べきれない程の量が出る時もありますが量も多すぎず少なすぎずで、ちょうど良かったですね。

食前酒

夏のお献立

先付け

前菜

煮麺

刺身

造り

煮物

焼き物

〆

デザート

 

地ビールも頂き、熊本では主流の米焼酎も。(この焼酎は旅館名がついた「のし湯焼酎」)

地ビール

のし湯焼酎

 

朝食は別の部屋で頂きましたが、こちらも味加減も量も良かったですよ。ご飯は3杯頂きましたw

朝ご飯

朝ご飯アップ

 

最後に

今回、急遽決めた「黒川温泉」旅行でしたが、さすが人気の「黒川温泉」で旅館の口コミの評価もどこも高く、どの旅館にするか正直迷いましたが、この「お宿 のし湯」さんにして正解でした。


 

少し気になる部分はありましたが、それを感じさせないぐらいどれもこれも満足できる所ばかりで、部屋数も限られているせいかあまり他の旅館客とも会う事も無く、共同の露天風呂や内風呂も珍しく自分一人だったし快適に過ごせることもできました。

 

帰りもバス停までわざわざ送っていただきました。

 

ほんの少々値は張りますがその分サービスも良く、ボクが今まで泊まったホテル/旅館のベスト3には入るのかなと。(そんなに多く泊まっていないですが)

 

また、行ってもいいなと思わせる旅館でした。

 

では、また。

※掲載情報は記事公開日の情報です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

こちらも合わせてお読みください

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net

www.tatsublo.net